貸借対照表

(平成31年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

363,461,760

 現金預金

334,208,410

 受取手形

0

 売掛金

27,061,758

 未収入金

0

 前払費用

2,296,857

 

 

 立替金

3,742

 たな卸資産

49,864

 貸倒引当金

158,871

 

 

 

 

固定資産

72,214,315

 有形固定資産

287,047

  器具備品

3

 建物付属設備

287,044

 無形固定資産

120,000

  電話加入権

120,000

 

 

 投資その他の資産

71,807,268

  長期前払費用

17,667,360

  繰延税金資産

45,256,248

  敷金・保証金

883,660 

  保険積立金

8,000,000 

資産合計

435,676,075

■ 負債の部 ■

流動負債

24,019,533

 未払費用

444,284

 未   

4,376,224

 預    

1.266,025

 賞与引当金

12,373,600

 未払法人税等

2,485,600

 未払消費税

3,073,800 

 

 

 

 

固定負債

149,516,800

 退職給付引当金

118,891,800

 役員退職慰労引当金

30,625,000

 

 

負債合計

173,536,333

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

331,393,602

   利益準備金

2,660,000

   任意積立金

50,000,000

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

278,733,602

自己株式

79,253,860

資本合計

262,139,742

負債・資本合計

435,676,075

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成30年10月1日

 

 

〜平成31年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,293,478円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・125,525円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

194,601円

3,734,352円

(当期分)

 

(       △196,732円)

(   △ 677,606円)

 繰延税金資産合計

3,928,953円

(   △874,338円) 

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

35,881,545円

9,242,625円

0円

(当期分)

 

(                     0円)

(         1,122,062円)

(           259,612円)

(                    0円)

 繰延税金資産合計

  45,124,170円

(           1,381,674円)

(2)固定負債

 繰延税金負債

 

 

  特定基金負担金等

 

 

 繰延税金負債合計

 

 

 

 

 

 

 

 

金額

 

2,414,400円

2,414,400円

 

 

(当期分)

 

(           △74,400円)

(           △74,400円)

 

 

貸借対照表

(平成30年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

360,741,656

 現金預金

313,314,459

 受取手形

0

 売掛金

40,408,366

 未収入金

0

 前払費用

2,407,147

 繰延税金資産

4,803,291

 立替金

0

 たな卸資産

43,844

 貸倒引当金

235,451

 

 

 

 

固定資産

63,838,955

 有形固定資産

331,080

  器具備品

3

 建物付属設備

331,077

 無形固定資産

120,000

  電話加入権

120,000

 

 

 投資その他の資産

63,387,875

  長期前払費用

13,,250,520

  繰延税金資産

41,253,695

  敷金・保証金

883,660 

  保険積立金

8,000,000 

資産合計

424,580,611

■ 負債の部 ■

流動負債

28,848,054

 未払費用

802,369

 未   

4,128,097

 預    

1.234,088

 賞与引当金

14,181,800

 未払法人税等

4,883,400

 未払消費税

3,618,300 

 

 

 

 

固定負債

140,605,900

 退職給付引当金

111,730,900

 役員退職慰労引当金

28,875,000

 

 

負債合計

169,453,954

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

324,380,517

   利益準備金

2,660,000

   任意積立金

50,000,000

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

271,720,517

自己株式

79,253,860

資本合計

255,126,657

負債・資本合計

424,580,611

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成29年10月1日

 

 

〜平成30年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,249,445円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・183,665円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

391,333円

4,411,958円

(当期分)

 

(          138,127円)

(     △ 60,750円)

 繰延税金資産合計

4,803,291円

(      77,377円) 

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

34,759,483円

8,983,013円

0円

(当期分)

 

(                     0円)

(         1,566,953円)

(           370,825円)

(                    0円)

 繰延税金資産合計

  43,742,496円

(           1,937,778円)

(2)固定負債

 繰延税金負債

 

 

  特定基金負担金等

 

 

 繰延税金負債合計

 

 

 

 

 

 

 

 

金額

 

2,488,800円

2,488,800円

 

 

(当期分)

 

(           △51,200円)

(           △51,200円)

 

 

貸借対照表

(平成29年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

341,185,428

 現金預金

298,186,253

 受取手形

0

 売掛金

36,020,596

 未収入金

0

 前払費用

2,407,147

 繰延税金資産

4,725,914

 立替金

5,342

 たな卸資産

51,050

 貸倒引当金

210,874

 

 

 

 

固定資産

57,483,925

 有形固定資産

381,868

  器具備品

3

 建物付属設備

381,865

 無形固定資産

120,000

  電話加入権

120,000

 

 

 投資その他の資産

56,982,057

  長期前払費用

8,833,680

  繰延税金資産

39,264,717

  敷金・保証金

883,660 

  保険積立金

8,000,000 

資産合計

398,669,353

■ 負債の部 ■

流動負債

23,654,851

 未払費用

686,847

 未   

2,279,434

 預    

538,200

 賞与引当金

14,087,270

 未払法人税等

3,009,100

 未払消費税

3,054,000 

 

 

 

 

固定負債

131,668,400

 退職給付引当金

104,543,400

 役員退職慰労引当金

27,125,000

 

 

負債合計

155,323,251

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

312,599,962

   利益準備金

2,660,000

   その他利益剰余金

309,939,962

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

259,939,962

自己株式

79,253,860

資本合計

243,346,102

負債・資本合計

398,669,353

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成28年10月1日

 

 

〜平成29年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,140,078円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・257,508円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

253,206円

4,472,708円

(当期分)

 

(         △413,417円)

(             36,731円)

 繰延税金資産合計

4,725,914円

(        △376,686円 )

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

33,192,530円

8,612,188円

0円

(当期分)

 

(                     0円)

(         2,183,416円)

(           555,625円)

(                    0円)

 繰延税金資産合計

41,804,718円

(           2,739,041円)

(2)固定負債

 繰延税金負債

 

 

  特定基金負担金等

 

 

 繰延税金負債合計

 

 

 

 

 

 

 

 

金額

 

2,540,000円

2,540,000円

 

 

(当期分)

 

(            129,440円)

(            129,440円)

 

 

貸借対照表

(平成28年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

332,840,209

 現金預金

282,426,759

 受取手形

0

 売掛金

43,133,286

 未収入金

0

 前払費用

2,370,647

 繰延税金資産

5,102,600

 立替金

4,426

 たな卸資産

54,292

 貸倒引当金

251,801

 

 

 

 

固定資産

50,386,623

 有形固定資産

440,447

  器具備品

3

 建物付属設備

440,444

 無形固定資産

120,000

  電話加入権

120,000

 投資等

49,826,176

  長期前払費用

4,416,840

  繰延税金資産

36,525,676

  敷金・保証金

883,660 

  保険積立金

8,000,000 

 

 

資産合計

383,226,832

■ 負債の部 ■

流動負債

31,559,408

 未払費用

886,084

 未   

3,261,144

 預    

534,800

 賞与引当金

13,971,580

 未払法人税等

8,331,800

 未払消費税

4,574,000 

 

 

 

 

固定負債

123,041,500

 退職給付引当金

97,666,500

 役員退職慰労引当金

25,,375,000

 

 

負債合計

154,600,908

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

297,879,784

   利益準備金

2,660,000

   任意積立金

50,000,000

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

245,219,784

自己株式

79,253,860

資本合計

228,625,924

負債・資本合計

383,226,832

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成27年10月1日

 

 

〜平成28年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,140,078円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・257,508円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

666,623円

4,435,977円

(当期分)

 

(            161,703円)

(           130,131円)

 繰延税金資産合計

5,102,600円

(           291,834円 )

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

31,009,114円

8,056,563円

0円

(当期分)

 

(                     0円)

(         3,767,614円)

(           555,625円)

(                    0円)

 繰延税金資産合計

39,065,677円

(           4,323,239円)

(2)固定負債

 繰延税金負債

 

 

  特定基金負担金等

 

 

 繰延税金負債合計

 

 

 

 

 

 

 

 

金額

 

2,540,000円

2,540,000円

 

 

(当期分)

 

(                      0円)

(                      0円)

 

 

貸借対照表

(平成27年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

311,891,837

 現金預金

259,914,850

 受取手形

0

 売掛金

44,971,726

 未収入金

0

 前払費用

2,410,547

 繰延税金資産

4,810,766

 立替金

0

 たな卸資産

46,400

 貸倒引当金

262,452

 

 

 

 

固定資産

41,714,110

 有形固定資産

508,012

  器具備品

3

 建物付属設備

508,009

 無形固定資産

120,000

  電話加入権

120,000

 投資等

41,086,098

  投資有価証券

0

  繰延税金資産

32,202,438

  敷金・保証金

883,660 

  保険積立金

8,000,000 

 

 

資産合計

353,605,947

■ 負債の部 ■

流動負債

33,73903757

 未払費用

1,313,304

 未   

4,048,633

 預    

522,900

 賞与引当金

13,561,720

 未払法人税等

6,078,900

 未払消費税

7,865,300 

 

 

 

 

固定負債

109,425,000

 退職給付引当金

85,800,000

 役員退職慰労引当金

23,625,000

 

 

負債合計

142,815,757

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

280,044,050

   利益準備金

2,660,000

   任意積立金

50,000,000

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

227,384,050

自己株式

79,253,860

資本合計

210,790,190

負債・資本合計

353,605,947

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成26年10月1日

 

 

〜平成27年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,072,513円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・258,250円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

504,950円

4,305,846円

(当期分)

 

(             99,327円)

(        △346,659円)

 繰延税金資産合計

4,810,796円

(        △445,986円 )

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

27,241,500円

7,500,938円

0円

(当期分)

 

(                     0円)

(           689,449円)

(           177,188円)

(                    0円)

 繰延税金資産合計

34,742,438円

(            866,637円)

(2)固定負債

 繰延税金負債

 

 

  特定基金負担金等

 

 

 繰延税金負債合計

 

 

 

 

 

 

 

 

金額

 

2,540,000円

2,540,000円

 

 

(当期分)

 

(           129,440円)

(           129,440円)

 

 

貸借対照表

(平成26年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

245,038,955

 現金預金

195,946,473

 受取手形

0

 売掛金

41,856,920

 未収入金

0

 前払費用

2,164,600

 繰延税金資産

5,256,752

 立替金

21,471

 たな卸資産

37,076

 貸倒引当金

244,337

 

 

 

 

固定資産

78,786,256

 有形固定資産

15

  器具備品

15

 無形固定資産

120,000

  ソフトウエア

0

  電話加入権

120,000

 投資等

78,666,241

  投資有価証券

40,000,000

  繰延税金資産

31,465,241

  敷金・保証金

1000 

  保険積立金

7,200,000 

 

 

資産合計

323,825,211

■ 負債の部 ■

流動負債

29,749,336

 未払費用

3,660,838

 未   

974,019

 預    

575,309

 賞与引当金

13,896,370

 未払法人税等

8,233,800

 未払消費税

2,409,000 

 

 

 

 

固定負債

101,182,200

 退職給付引当金

79,307,200

 役員退職慰労引当金

21,875,000

 

 

負債合計

130,931,536

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

262,147,535

   利益準備金

2,332,000

   任意積立金

50,000,000

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

209,815,535

自己株式

79,253,860

資本合計

192,893,675

負債・資本合計

323,825,211

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成25年10月1日

 

 

〜平成26年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,060,985円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・297,376円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

604,247円

4,652,505円

(当期分)

 

(             131,696円)

(        △244,584円)

 繰延税金資産合計

5,256,752円

(       △ 112,888円)

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

26,552,051円

7,323,750円

0円

(当期分)

 

(                   0円)

(       1,467,582円)

(         585,900円)

(                   0円)

 繰延税金資産合計

33,875,801円

(            2,052,994円)

貸借対照表

(平成25年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

177,501,832

 現金預金

133,039,756

 受取手形

0

 売掛金

36,974,516

 未収入金

0

 前払費用

2,283,335

 繰延税金資産

5,369,640

 立替金

15,402

 たな卸資産

35,360

 貸倒引当金

216,177

 

 

 

 

固定資産

115,147,389

 有形固定資産

10,622

  器具備品

10,622

 無形固定資産

120,000

  ソフトウエア

0

  電話加入権

120,000

 投資等

115,016,767

  投資有価証券

80,000,000

  繰延税金資産

30,215,767

  敷金・保証金

1000 

  保険積立金

4,800,000 

 

 

資産合計

292,649,221

■ 負債の部 ■

流動負債

25,810,204

 未払費用

3,011,405

 未   

699,153

 預    

1,188,916

 賞与引当金

13,740,430

 未払法人税等

5,025,600

 未払消費税

2,144,700 

 

 

 

 

固定負債

95,050,200

 退職給付引当金

74,925,200

 役員退職慰労引当金

20,125,000

 

 

負債合計

120,860,404

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

241,042,677

   利益準備金

2,004,000

   任意積立金

50,000,000

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

189,038,677

自己株式

79,253,860

資本合計

171,788,817

負債・資本合計

292,649,221

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成23年10月1日

 

 

〜平成24年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,050,378円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・255,720円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

916,736円

5,098,550円

(当期分)

 

(         △ 441,185円)

(        △201,461円)

 繰延税金資産合計

6,015,286円

(       △ 642,646円)

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

25,084,957円

6,737,850円

0円

(当期分)

 

(                   0円)

(       △ 29,582円)

(         113,662円)

(                   0円)

 繰延税金資産合計

31,822,7807円

(            84,080円)

貸借対照表

(平成24年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

167,084,983

 現金預金

102,848,243

 受取手形

0

 売掛金

56,371,351

 未収入金

4,410

 前払費用

2,092,580

 繰延税金資産

6,015,286

 立替金

52,873

 たな卸資産

28,430

 貸倒引当金

328,190

 

 

 

 

固定資産

113,415,255

 有形固定資産

21,229

  器具備品

21,229

 無形固定資産

120,000

  ソフトウエア

0

  電話加入権

120,000

 投資等

113,274,026

  投資有価証券

80,000,000

  繰延税金資産

30,873,526

  敷金・保証金

500 

  保険積立金

2,400,000 

 

 

資産合計

280,500,238

■ 負債の部 ■

流動負債

38,803,538

 未払費用

869,471

 未   

9,575,166

 預    

1,137,447

 賞与引当金

13,287,854

 未払法人税等

10,978,900

 未払消費税

2,954,700 

 

 

 

 

固定負債

87,596,800

 退職給付引当金

69,221,800

 役員退職慰労引当金

18,375,000

 

 

負債合計

115,543,571

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

223,353,760

   利益準備金

1,676,000

   任意積立金

50,000,000

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

171,677,760

自己株式

79,253,860

資本合計

154,099,900

負債・資本合計

280,500,238

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成23年10月1日

 

 

〜平成24年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,039,771円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・308,189円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

916,736円

5,098,550円

(当期分)

 

(             106,325円)

(          401,759円)

 繰延税金資産合計

6,015,286円

(       △ 295,434円)

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

25,114,539円

6,624,188円

0円

(当期分)

 

(                   0円)

(   △ 2,323,140円)

(      170,450円)

(                   0円)

 繰延税金資産合計

31,738,727円

(     2,493,590円)

貸借対照表

(平成23年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

157,585,101

 現金預金

112,590,013

 受取手形

0

 売掛金

36,675,147

 未完成業務支出金

0

 前払費用

2,178,880

 繰延税金資産

6,310,720

 立替金

0

 たな卸資産

44,910

 貸倒引当金

214,569

 

 

 

 

固定資産

114,384,152

 有形固定資産

31,836

  器具備品

31,836

 無形固定資産

120,000

  ソフトウエア

0

  電話加入権

120,000

 投資等

114,232,316

  投資有価証券

80,000,000

  繰延税金資産

34,232,316

 

 

 

 

 

 

資産合計

271,969,253

■ 負債の部 ■

流動負債

30,105,571

 未払費用

671,938

 未   

3,620,776

 預    

515,297

 賞与引当金

13,458,060

 未払法人税等

9,068,700

 未払消費税

2,770,800 

 

 

 

 

固定負債

85,438,000

 退職給付引当金

68,813,000

 役員退職慰労引当金

16,625,000

 

 

負債合計

115,543,571

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

201,142,182

   利益準備金

1,370,000

   任意積立金

50,000,000

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

149,772,182

自己株式

54,716,500

資本合計

156,425,682

負債・資本合計

271,969,253

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成22年10月1日

 

 

〜平成23年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,029,164円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・195,290円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

810,411円

5,500,309円

(当期分)

 

(             218,695円)

(               65,637円)

 繰延税金資産合計

6,310,720円

(           284,332円)

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

27,437,678円

6,794,638円

0円

(当期分)

 

(                   0円)

(       3,228,549円)

(         715,225円)

(                   0円)

 繰延税金資産合計

34,232,316円

(       3,943,774円)

貸借対照表

(平成22年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

211,347,812

 現金預金

168,479,767

 受取手形

0

 売掛金

34,812,163

 未完成業務支出金

0

 前払費用

2,178,880

 繰延税金資産

6,026,388

 立替金

0

 貯蔵品

57,040

 貸倒引当金

201,426

 

 

 

 

固定資産

30,450,985

 有形固定資産

42,443

  器具備品

42,443

 無形固定資産

120,000

  ソフトウエア

0

  電話加入権

120,000

 投資等

30,288,542

  借地借家等敷金

0

  繰延税金資産

30,288,542

 

 

 

 

 

 

資産合計

241,798,797

■ 負債の部 ■

流動負債

25,785,394

 未払費用

2,654,147

 未   

783,008

 預    

562,079

 賞与引当金

13,297,460

 未払法人税等

6,548,700

 未払消費税

1,940,000 

 

 

 

 

固定負債

77,467,400

 退職給付引当金

62,592,400

 役員退職慰労引当金

14,875,000

 

 

負債合計

103,252,794

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

183,262,503

   利益準備金

1,166,000

   任意積立金

50,000,000

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

132,096,503

自己株式

54,716,500

資本合計

138,546,003

負債・資本合計

241,798,797

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成21年10月1日

 

 

〜平成22年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,018,557円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・157,994円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

591,716円

5,434,672円

(当期分)

 

(             102,461円)

(             300,060円)

 繰延税金資産合計

6,026,388円

(           402,521円)

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

24,209,129円

6,079,413円

0円

(当期分)

 

(                   0円)

(       2,995,836円)

(         715,225円)

(                   0円)

 繰延税金資産合計

30,288,542円

(       3,711,061円)

貸借対照表

(平成21年3月31日現在)

(単位:円)

 

■ 資産の部 ■

流動資産

192,329,259

 現金預金

149,540,348

 受取手形

0

 売掛金

35,180,282

 未完成業務支出金

0

 前払費用

2,109,966

 繰延税金資産

5,623,867

 立替金

18,775

 貯蔵品

57,350

 貸倒引当金

201,329

 

 

 

 

固定資産

26,750,531

 有形固定資産

53,050

  器具備品

53,050

 無形固定資産

120,000

  ソフトウエア

0

  電話加入権

120,000

 投資等

26,577,481

  借地借家等敷金

0

  繰延税金資産

26,577,481

 

 

 

 

 

 

資産合計

219,079,790

■ 負債の部 ■

流動負債

24,542,929

 未払費用

3,559,918

 預り金

878,732

 賞与引当金

12,563,279

 未払法人税等

5,704,100

 未払消費税

1,836,900 

 

 

 

 

 

 

固定負債

70,066,200

 退職給付引当金

56,941,200

 役員退職慰労引当金

13,125,000

 

 

負債合計

94,609,129

 

 

■ 純資産の部 ■

株主資本

 

資本金

10,000,000

利益剰余金

169,187,161

   利益準備金

962,000

   任意積立金

50,000,000

    別途積立金

50,000,000

   繰越利益剰余金

118,225,161

自己株式

54,716,500

資本合計

124,470,661

負債・資本合計

219,079,790

 

重要な会計方針の注記

1.

固定資産の減価償却の方法

 

[有形固定資産]

法人税法の規定に基づく定率法。

 

[無形固定資産]

法人税法の規定に基づく定額法。

2.

引当金の計上基準

 

[貸倒引当金]

当期末に有する債権の貸倒れによる損失に備えるため、

 

 

法人税法の規定による法定繰入率により計上。

 

 

また、個別の債権については回収の可能性を検討して計上。

 

[賞与引当金]

当期末在籍従業員に対して、支給対象期間(平成20年10月1日

 

 

〜平成21年3月31日)に基づく賞与支給見込額を計上。

 

[退職給付引当金]

従業員の退職金の支給に充てるため、当期末自己都合

 

 

要支給額の100%を引当計上(簡便法適用)。

 

[役員退職慰労引当金]

役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づき計上。

 

 

 

3.

消費税等の会計処理

 

消費税等の会計処理は、税抜方式により処理。

 

 

 

貸借対照表の注記

1.

有形固定資産の減価償却累計額・・・1,007,950円

2.

一株当たりの当期利益・・・・・・・・・・・179,695円

3.

繰延税金資産の発生の主な原因内訳

 

(1)流動資産

 繰延税金資産

 

 

  事業税

 

 

  賞与引当金

 

 

金額

 

489,255円

5,134,612円

(当期分)

 

(          111,289円)

(          265,443円)

 繰延税金資産合計

5,623,867円

(   △     376,732円)

 

(2)固定資産

 繰延税金資産

 

 

  繰越欠損金

 

 

  退職給付引当金

 

 

  役員退職慰労引当金

 

 

  小額資産

 

 

金額

 

0円

21,213,293円

5,364,188円

0円

(当期分)

 

(                   0円)

(       1,640,423円)

(         715,225円)

(                   0円)

 繰延税金資産合計

26,577,481円

(       2,355,648円)